« 駒大GMS学部オススメ科目レポート(5):「自然環境論」「倫理学」 | トップページ | クイズ戦隊 へえそうナンジャー!! »

2008/06/06

駒大GMS学部オススメ科目レポート(6):「宗教学」「経済学」

駒澤大学GMS学部の山口ゼミの2期生が、GMS学部のおススメ授業を紹介するこのコーナー。
第6回目は、田中かの子先生の宗教学【〔聖と俗〕】松前 龍宜先生の「経済学」、2つの授業の紹介です。

【科目】宗教学【〔聖と俗〕】
【曜日・時限】火曜  4限
【教員名】田中かの子

【主な内容】
キリスト教、仏教、ユダヤ教、イスラーム教などあらゆる宗教における「いのち」ついて教科書を縦横に駆使しながら探求する。

【おすすめポイント】
 大きな教室が一杯になるほど、とても人気の授業です。 
 
個人的な感想としては、
レポートで自分は『ユダヤ教』について調べたのですが、
正直それまでは名前ぐらいしか知らなかったのに、調べだしたら一気に世界が広がった感じがして、もっと深いところまで知りたい!!と思わされました。レポート課題なのに本当に楽しくできました。

それに、ネイティブの先生の英語授業が多い中、かの子先生の宗教学の授業に出ると,,,癒されます*
授業の後半には、スライドや音楽なども流したりして教室にゆったりとした空気が漂っています。

正直今の段階では"宗教"自体にそれほど興味を持っていない方でも、この授業がきっかけで宗教の見方が何か変わってくるかもしれません(^^)v

【履修上の注意】
成績評価の方法は、
①レポート(年1回。提出期限は12月。)
②期末テスト(教科書持込可。論述式の2問の問題のうち、どちらか好きな方を自分で選び、論述する。)となっています。

レポート作成にあたって、それぞれ自分で選んだ各宗教の授業中に板書された内容から、"キーワード"としていくつかの語句を入れなければいけないので、ノートはしっかりとる必要があります。量はそれほど多いものではありません。(^^)v


【科目】経済学【〔現代経済理解へのガイド〕】
【時限・曜日】水曜 5限 
【教員名】松前  龍宜

【主な内容】
経済学は、ミクロ経済学とマクロ経済学の2つの分野に分けられます。
本講義では、この2つの分野をバランスよく、また現実の経済現象あるいは経済政策と絡めながら説明をします。
前期はマクロ経済学に関するテーマ、後期はミクロ経済学に関するテーマを取り上げます。

【おすすめポイント】
この授業は、講義の進め方や説明の仕方がとてもわかり易いです。
自分が思う一番のポイントは、松前先生の関西弁です。
松前先生の話す関西弁での熱い講義により、集中力やモチベーションはさらに高まります。
5限目の授業ですが、自分は一度も眠くなったことがありません。
経済学の土台をしっかりと固めたい人、是非受講することをおすすめします。

【履修上の注意】
おすすめした通り、松前先生は本気です。
第1回目の講義では、「しっかり頑張れば、みんなSはとれるぞ。是非Sをとりにきてほしい」と言っていた位なので、教養科目をラクにとりたいと思っている人はやめた方がいいと思います。

|

« 駒大GMS学部オススメ科目レポート(5):「自然環境論」「倫理学」 | トップページ | クイズ戦隊 へえそうナンジャー!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駒大GMS学部オススメ科目レポート(6):「宗教学」「経済学」:

« 駒大GMS学部オススメ科目レポート(5):「自然環境論」「倫理学」 | トップページ | クイズ戦隊 へえそうナンジャー!! »