« 新ゼミ生課題作品:エッセイ「私の人生最大のピンチ」10 | トップページ | 2009年度実践メディアビジネス講座I第2回「『つくる』と『つかう』:クリエーターの視点」(講師:桃井はるこ氏) »

2009/04/12

2009年度実践メディアビジネス講座I第1回「イントロダクション」(担当:山口浩)

駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部2009年度前期開講科目「実践メディアビジネス講座I」第1回「イントロダクション」(2009年4月13日13:00-14:30)の関連ページです。
(山口)

ライブストリーミング配信映像を見る(2009年4月13日13:00より授業開始。配信開始は12:30の予定)

「実践メディアビジネス講座I」は、メディア・コンテンツ関連業界の実務家の方を講師としてお呼びし、ビジネス現場のお話をしていただくというものです。GMS学部の教員2名で分担してアレンジしており、前半が山口、後半は各務洋子教授が担当します。共通テーマは「『つくる』と『つかう』の接点―コンテンツの製作と利用」であり、このうち山口担当分の前半6回は、「オタク市場」をテーマに取り上げます。講師の顔ぶれは次のとおりです。

第1回 4月13日 山口によるイントロダクション
第2回 4月20日 タレント 桃井はるこ氏
第3回 4月27日 ㈱虎の穴社長 吉田博高氏
第4回 5月11日 ㈱野村総研情報・通信コンサルティング部 北林謙氏
第5回 5月18日 ㈱ニワンゴ社長 杉本誠司氏
第6回 5月25日 JASRAC常務理事 菅原瑞夫氏
前半6回のレポート課題

この6回の講義については、ニコニコ動画にて、ライブストリーミング映像道及び録画映像の配信を計画しております。ライブ公開分については、ニコニコ動画内の「こち駒」コミュニティのメンバー数に応じて視聴可能人数が異なりますので、コミュニティ登録(特にプレミアム会員の方)にご協力のほど、よろしくお願いいたします。

第1回は「イントロダクション」として、山口より、科目全体についての説明のほか、このシリーズを企画した意図や次週以降の講師の方々についてお話をする予定です。ライブストリーミング配信のテスト的な意味もあります。企画の趣旨については、こちらにも少し書いてありますので、ご参考まで。


※2009/04/17追記
録画した動画のアップロードを順次行っていきます。
別アングルですが、これもあまりいい録音状態ではありません。聞きづらいと思いますが、ご容赦ください。次回は改善したいと思います。

その1

その2

「その2」の最後で「初音ミク」の動画を流そうとしましたが、PCがフリーズしてしまいできませんでした。ここで流そうとした動画はこれです。「初音ミク」を使って作られた楽曲が「ニコニコ動画」でユーザーに見出されて人気を博し、他のユーザーの動画がつき、楽曲はCDに収録されて販売され、動画を作った方も動画関連の職を得たという事例です。

その3

その4


動画だと少し見にくいかもしれませんので、当日使用する予定のスライドをここでも公開しておく予定です。直前にちょっと手を入れたりする可能性もありますので、ちがったところがあったらご容赦ください。


以下、今回の内容の補足、及び次週以降の講義を理解するために助けとなるかもしれない情報を挙げておきます。

初音ミク関連の動画をいくつか。まずは朝日新聞社がYouTubeで公開しているもの。最近の状況をよくまとめています。

この中に出てきた楽曲の動画へのリンクを置いておきます。

【ニコニコ動画】初音ミク が オリジナル曲を歌ってくれたよ「メルト」
【ニコニコ動画】supercell feat.初音ミク より ライン
【ニコニコ動画】【初音ミクオリジナル】Next Stage
【ニコニコ動画】【巡音ルカオリジナル】Looking for
【ニコニコ動画】【巡音ルカオリジナル】Looking for (English version)【全英語詞】
【ニコニコ動画】初音ミクがオリジナル曲を歌ってくれました「ファインダー」
【ニコニコ動画】【MikuMikuDance】『Silence』(MMD Edition)【DANCE-PV】
【ニコニコ動画】【初音ミク】 Silence 【オリジナル】
【ニコニコ動画】【MEIKO】「Silence (TECHNiA RMX)」【リミックス】
【ニコニコ動画】【初音ミク】Nebula【VOCALOID3DPV】
【ニコニコ動画】初音ミク が オリジナル曲を歌ってくれたよ「ワールドイズマイン」
【ニコニコ動画】初音ミクがオリジナル曲を歌ってくれました「Packaged」 Full Ver.
【ニコニコ動画】初音ミクに歌ってもらった3発目【椛】

ニコニコ動画にある初音ミク関連動画の中からいくつか。まずは初期のもの。とりあえず、何か歌わせてみたという類の動画が数多く公開されました。この動画が人気となったことがきっかけで、注目を集めるようになったような記憶があります。今からみれば音楽も映像も比較的シンプルなものです。


(2007/09/04)

その後、オリジナル曲が登場し始めます。たとえば初期の代表曲の1つとなったこれ。いったん公開されると、他のユーザーたちがどんどん二次利用作品を作り始め、曲や歌詞、映像などのさまざまなバリエーションをもった膨大な作品群が短期間に生まれました。いくつか挙げておきます。


(2007/09/20)

【ニコニコ動画】アイドルマスター×初音ミク 『みくみくにしてあげる♪』(2007/09/22 )
【ニコニコ動画】みくみくにしてあげる♪ (初音ミク3D その5)(2007/09/22)
【ニコニコ動画】3D初音ミク みくみくにしてあげる♪PV風(2007/09/25)
【ニコニコ動画】【初音ミク】【みくみくにしてあげる♪】に絵を付けてみた(完成)(2007/10/21)
【ニコニコ動画】3DみくみくPV♪(2007/11/02)
【ニコニコ動画】Flashでみくみくにしてあげる♪(2007/11/02)
【ニコニコ動画】【初音ミク】みくみくにしてあげる♪【アニメ化計画参戦組】=修正版=2007/12/03
【ニコニコ動画】みくみくにしてあげる♪ イメージムービー(2008/01/06)
【ニコニコ動画】みくみくにしてあげる♪をユーロビートにアレンジしてみた【再アップ】(2008/01/09)
【ニコニコ動画】【第1回MMD杯本選】みくみくにしてあげる♪(2008/08/09)


朝日新聞の動画で紹介されていた通り、これらの楽曲の中には、CDとして発売され、チャート上位を飾ったものもあります。

関連ニュースへのリンクをいくつか。

JASRAC、動画共有サービスの音楽利用許諾条件を公表」(Internet Watch 2007/07/25)
Yahoo!ビデオキャスト、JASRACの音楽利用許諾条件に同意」(Internet Watch 2007/07/25)
DTMブーム再来!? 「初音ミク」が掘り起こす“名なしの才能” (1/2)」(ITmedia News 2007/09/28)
著作権問題でネットユーザーの声を集約、津田大介氏らが団体設立」(Internet Watch 2007/10/18)
「みくみく」JASRAC登録で「手違い」 ドワンゴ・ミュージックが謝罪」(ITmedia News 2007/12/19)
角川、YouTubeに公式チャンネル開設。新たなクリエイターの場を創出へ」(BB Watch 2008/01/25)
「eyeVio」がJASRACと契約、JASRAC管理楽曲の演奏動画などを投稿可能」(Internet Watch 2008/02/12)
ニコニコ動画、著作権侵害のテレビ番組動画をすべて削除へ--放送局に申し入れ」(Venture View 2008/03/11)
グーグルと音楽著作権管理会社のJRC、「YouTube」で包括利用許諾契約」(Internet Watch 2008/03/27)
ニコニコ動画でJASRAC楽曲の利用が可能に、ニワンゴがJASRACと契約締結」(Internet Watch 2008/04/01)
ニコニコ動画におけるJASRAC 管理楽曲の権利処理について」(ニワンゴプレスリリース 2008/04/01)
「著作権は守りから攻めにシフト」──違法動画も収益化目指すYouTube」(ITmedia News 2008/11/25)
ネット法で流通促進は「根拠のない"おとぎ話"」 - JASRACシンポ2008」(マイコミジャーナル 2008/12/12)
著作者検索ポータル、権利者団体が開設 保護期間延長は「金の問題ではない」」(ITmedia News 2009/01/23)
「ユーザー投稿角川アニメ」の公式認定も YouTubeに角川参加」(ITmedia News 2008/01/25)
「同期コミュニケーション」も目指すニコ動~ニワンゴ杉本社長」(BB Watch 2009/02/06)
角川だけじゃない、YouTube“違法”動画の収益化 個人ビデオ+BGMの公認も」(ITmedia News 2009/02/23)
音楽著作権処理を一元化 JASRACや配信業者など新組織」(ITmedia News 2009/03/06)
補償金の話はもう著作権法から切り離すべき、MIAUが意見書」(Internet Watch 2009/03/09)
「お金を払う人が負け組」という状況をなくすべき--ドワンゴ川上会長、著作権問題に提言」(CNET Japan 2008/03/25)
コンテンツ学会 ネット利用調整制度に関する民間審議会 最終提言」(2009/04/06)
国内エンタメサイト利用時間、ニコニコ動画がトップ」(IT Media 2009/04/09)


最後に、次回講演者の桃井はるこさんに関連するウェブサイトへのリンクです。

桃井はるこ オフィシャルサイト
桃井はるこオフィシャルブログ「モモブロ」Powered by アメブロ
ニコニコ動画「アキハバLOVEチャンネル
魂の歌声オーディション


|

« 新ゼミ生課題作品:エッセイ「私の人生最大のピンチ」10 | トップページ | 2009年度実践メディアビジネス講座I第2回「『つくる』と『つかう』:クリエーターの視点」(講師:桃井はるこ氏) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213681/44618477

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年度実践メディアビジネス講座I第1回「イントロダクション」(担当:山口浩):

« 新ゼミ生課題作品:エッセイ「私の人生最大のピンチ」10 | トップページ | 2009年度実践メディアビジネス講座I第2回「『つくる』と『つかう』:クリエーターの視点」(講師:桃井はるこ氏) »