« ラジオでつなぐ駒人の輪 | トップページ | 新ゼミ生課題作品:動画「大学生向け振り込め詐欺注意啓蒙動画」1 »

2009/05/27

2009年度「実践メディアビジネス講座I」前半レポート課題

駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部2009年度前期開講科目「実践メディアビジネス講座I」前半6回、「『つくる』と『つかう』の接点:コンテンツの製作と利用」シリーズのレポート課題です。
(山口)

レポート課題:
このシリーズ計5回の講義で登壇した5人のゲスト講師の意見を総合し、5年後に実現されるべき、現状より望ましい「知的創造サイクル」とはどんなものかについて、特に次の観点に注意しつつ、自分の意見を述べよ。
・「つくる」と「つかう」の新たな関係とはどんなものであるか?
・そのために今後必要となる制度、技術、しくみ、習慣はどんなものか?
・その「知的創造サイクル」の中でメディア・コンテンツ企業が果たすべき役割は何か?

※注意事項
・5人の意見をふまえて書くこと。意見にすべて賛同する必要はないが、充分理解したうえで、誰のどの意見かを明示しながら文章の中に取り入れること。
・引用はルールに従って行うこと。盗用や剽窃は論外。他人のレポートとの内容・表現の重複が目に余る場合も同様。講義以外のものを引用する場合、そのソースを明示すること。
・提出されたレポートの全部または一部につき、氏名等個人を特定できる情報を伏せたうえで公開する可能性がある旨承知しておくこと。
・分量無制限
・提出期限:2009年7月12日(日)中
・提出先:授業支援システム
 (授業支援システムを利用できない人は山口宛メール
・形式:テキスト(.txt)またはワード(.docまたは.docx)形式
 紙ベースでの提出は認めない。


これまでの6回に関するページはこちらです。動画へのリンクも設置してありますのでこちらからどうぞ(※動画は一部作業中です。お待ちください)。

第1回 4月13日 山口によるイントロダクション
第2回 4月20日 タレント 桃井はるこ氏
第3回 4月27日 ㈱虎の穴社長 吉田博高氏
第4回 5月11日 ㈱野村総研情報・通信コンサルティング部 北林謙氏
第5回 5月18日 ㈱ニワンゴ社長 杉本誠司氏
第6回 5月25日 JASRAC常務理事 菅原瑞夫氏
前半6回のレポート課題

|

« ラジオでつなぐ駒人の輪 | トップページ | 新ゼミ生課題作品:動画「大学生向け振り込め詐欺注意啓蒙動画」1 »