« こち駒ミュージックレビュー:英国で出会った音楽たち | トップページ | 11月29日(木)20時~「こち駒生放送:いま『働く』を​考える」のお知らせ »

2012/11/22

こち駒ゲームレビューvol.1:「とびだせどうぶつの森」

日本よ、これがどぶ森だ。

2012年11月8日に発売されたニンテンドー3DS専用ソフト「とびだせどうぶつの森」は、初週から60万本という驚異的な売上を達成した。平たく言えば、かわいらしい動物の住人たちとコミュニケーションをとりながら、釣り、虫取り、イベントなどをこなし自由気ままな生活を体験しようというコンセプトのゲームである。

「どうぶつの森?そんなの女子供がやるもんだろ?」とか思ってる自称コアゲーマー兄貴は帰って、どうぞ。このゲームは非常に面白く、中毒性が高い。ライト層から廃人層まで幅広く受け入れられる魔性のゲームと言えるだろう。そんなどうぶつの森の恐ろしさ(魅力)の冒頭をある廃人の視点から紹介して行こう。(震え声)

-----------

ゲーム冒頭、列車にのって目的地の村に向かう主人公。なごやかな雰囲気で進むNPCとの馴れ初めの質問でさえ気を抜いてはならない。主人公の顔は質問の返答次第で決まってしまうのだ(絶望)心配な人は有志が作った顔チャートを見ながら質問に答えていくべきだ。

その後間髪入れずに村の地形を決める事になる。村の中心に川が通っていたり、崖だらけの村はめんどくさいのでNG。ここで村の厳選を始めるとさらに膨大な時間を使う。さらにその後家の場所を決める事になるが中途半端に開けたとこに建てたりするとのちの公共事業に影響がでる可能性があるので注意すべし。

また、住人同士の家の位置も確認する必要がある。後から越してくる住人が団子詰めみたいに家を建てられたくなかったらな。その後村中の岩の位置を地図に起こしてメモっておこう。一日に一度鉱石のとれる岩がスポーンするので後々楽になる。

まだまだやる事は残っているが時間がないのでここで今日は家でセーブしておこう。もう深夜の3時半か・・・ん?いや、そんな!これはなんだ!住民から貰ったテレビに宇宙人が________

______つりざおででおさかなつっつたりあみでむしとったり!むらのみんなとともだちになろう!まいでざいんでふくつくるだけでいちにちがおわるよ。 うふふ よかったらあそんでみてね かゆ うま
・・・(ここで日誌は終わっている)

------------

評価は10点満点中9.5点です!様々な要素が追加された今作はどうぶつの森最高傑作といえるのではないでしょうか。

唯一引っかかったのは手持ちの物を家具にまとめてしまったり出したり出来ないことと、インターネットエラーのバグくらいです!サメ10匹が次元の狭間に消えてしまいました!またそう遠くない次回のレビューでお会いしましょう!

|

« こち駒ミュージックレビュー:英国で出会った音楽たち | トップページ | 11月29日(木)20時~「こち駒生放送:いま『働く』を​考える」のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こち駒ゲームレビューvol.1:「とびだせどうぶつの森」:

« こち駒ミュージックレビュー:英国で出会った音楽たち | トップページ | 11月29日(木)20時~「こち駒生放送:いま『働く』を​考える」のお知らせ »