« こち駒コミックレビューVol.01: 『球場ラバーズ』 | トップページ | こち駒 映画レビュー~ご一緒に映画でもいかがですか。~Vol4:『「ポンペイ』 »

2014/06/06

ゲームが「ゲーム」を超えるとき:駒澤大学「実践メディアビジネス講座I」(2014年度)シリーズ講義第1回「日本ゲームの特異性」(講師:遠藤雅伸氏)

駒澤大学GMS学部2014年度前期科目「実践メディアビジネス講座I」後半は、「ゲームが『ゲーム』を超えるとき」と題したシリーズ講義を行います。

ゲーミフィケーションやシリアスゲーム、あるいはeスポーツといった、ゲームを娯楽以外の目的で活用する動きなど、ゲームは、これまでの枠を超え、社会に影響を与える存在となりつつあります。こうした中でゲーム業界、あるいは周辺の業界ではどんなことを考え、何をしようとしているのか、関連業界の第一線の実務家の方々に伺います。

6月9日(月)13時からの第1回は、㈱モバイル&ゲームスタジオ取締役の遠藤雅伸氏をお迎えします。名作ゲーム「ゼビウス」のクリエイターとして、またその後手がけた数々のゲームを通じ、ゲーム業界の第一線で活躍してこられた遠藤氏に、今の日本のゲームビジネスについてお話を伺います。

|

« こち駒コミックレビューVol.01: 『球場ラバーズ』 | トップページ | こち駒 映画レビュー~ご一緒に映画でもいかがですか。~Vol4:『「ポンペイ』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲームが「ゲーム」を超えるとき:駒澤大学「実践メディアビジネス講座I」(2014年度)シリーズ講義第1回「日本ゲームの特異性」(講師:遠藤雅伸氏):

« こち駒コミックレビューVol.01: 『球場ラバーズ』 | トップページ | こち駒 映画レビュー~ご一緒に映画でもいかがですか。~Vol4:『「ポンペイ』 »