« ゲームが「ゲーム」を超えるとき:駒澤大学「実践メディアビジネス講座I」(2014年度)シリーズ講義第5回(講師:TOKYO GAME NIGHT!! 宮尾英水氏) | トップページ | ゲームが「ゲーム」を超えるとき:駒澤大学「実践メディアビジネス講座I」(2014年度)シリーズ講義第6回(講師:㈱Rejet 岩崎大介氏) »

2014/07/10

こち駒 プレイ環境の設定を変更できます 03 【BADMEDICINE-INFECTIOUS TEACHERS-】

こんばでぃすん!(使いたかった)山口ゼミのスズキです!

前回の【ALICE=ALICE】と同日発売だった【BADMEDICINE-INFECTIOUS TEACHERS-】のプレイが終わったのでまたまた感想をモダモダッと書かせていただこうと思います。

まずは作品の紹介から始めようと思います

【BADMEDICINE-INFECTIOUS TEACHERS-】
「彼」は、憧れで理想の教師―― そこは決して踏み込んではいけない闇の教室(サンクチュアリ)
危険(ヤバ)すぎる教師(ティーチャー)達との、特別授業。
「白」と「黒」、2枚のDISCで描かれる危険(ヤバ)すぎる「シチュエーションCD」
そして、物語の核心を解き明かす「ダミーヘッドヴィジュアルノベルゲーム(PC)」
教師たちの本当の姿を知った時――、アナタは衝撃(いたみ)に耐えられるか。
今、禁断の特別指導が、始まる――。
(http://rejetweb.jp/bm/#!/aboutより)

【キャラクター】
主人公 【川奈 ヒナ(名前変更可、CVナシ)】
漆黒の完璧主義者(リアリスト) 【志奴 要(CV:高橋広樹)】
紫煙の偏執狂(パラノイア) 【凪原 大貴(CV:寺島拓篤)】
最凶の遊び人(プレイボーイ) 【葛葉 翔(CV:高橋直純)】
白衣の病み悪魔(デビル) 【加修 レム(CV:柿原徹也)】
飢えた不道徳者(インモラル) 【柳 遼太(CV:伊藤健太郎)】
絶世の狂美人(ナルシスト) 【東條海里(CV:日野聡)】


担任の先生だったらうれしいのは志奴先生・凪原先生、うれしくないのはレムちゃん先生でしょうかね。スズキはレムちゃん先生推しです。

レムちゃん先生意外は「先生らしい先生」という感じで、少し中高生時代を思い出したような気がします。ただ私自身はヒナちゃんのように真面目な生徒ではありませんでした。

バディスンでは校則違反を犯すと特別指導室へ呼び出しをされ、指導官による特別指導がされます。聖クリストファー学園の校則は厳しすぎやしませんか…!?

下校時の寄り道は禁止、学園指定物品以外の私物の放置の禁止、学生鞄・及び学生服への不要な装飾は禁ずる、などなど、当たり前のことではあるのですが、多分このゲームの通りに罰則をあたえられるとしたら、私を含めて高校時代のクラスメイトはほぼ全員が学校から消えていたでしょう…(教室でお菓子を広げるわ、下校中にカラオケ行くわ、ロッカーは教科書でいっぱいだわ…ああ…)

双葉先生のイラストの美しさも、先生たちの美しさや白と黒の差を引き立たせているのではないかと思います。イベグラも立ち絵もキラキラつやつやきれいなのです…!

ALICE=ALICEとは全く世界観が異なりますが、イラストやBGMなど全てひっくるめて少し怖くて妖艶なバディスン世界を体験してみていただきたいです!

公式サイト:http://rejetweb.jp/bm/
Rejet http://rejet.jp/


|

« ゲームが「ゲーム」を超えるとき:駒澤大学「実践メディアビジネス講座I」(2014年度)シリーズ講義第5回(講師:TOKYO GAME NIGHT!! 宮尾英水氏) | トップページ | ゲームが「ゲーム」を超えるとき:駒澤大学「実践メディアビジネス講座I」(2014年度)シリーズ講義第6回(講師:㈱Rejet 岩崎大介氏) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213681/59965220

この記事へのトラックバック一覧です: こち駒 プレイ環境の設定を変更できます 03 【BADMEDICINE-INFECTIOUS TEACHERS-】:

« ゲームが「ゲーム」を超えるとき:駒澤大学「実践メディアビジネス講座I」(2014年度)シリーズ講義第5回(講師:TOKYO GAME NIGHT!! 宮尾英水氏) | トップページ | ゲームが「ゲーム」を超えるとき:駒澤大学「実践メディアビジネス講座I」(2014年度)シリーズ講義第6回(講師:㈱Rejet 岩崎大介氏) »