お知らせ

2015/06/17

駒大GMS学部2015年度実践メディアビジネス講座「宗教とメディアの新時代」第4回 講師:常岡浩介氏(ジャーナリスト)

駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部2015年度科目「実践メディアビジネス講座I」の後半はシリーズ講義「宗教とメディアの新時代」をお送りします。宗教界における新たなメディア利用の動きと、そのメディアやメディアビジネスへのインプリケーションについて、第一線の実務家の方々をお呼びしてご講義いただきます。2015年6月22日(月)13時からの第4回はジャーナリストの常岡浩介氏をお迎えし、いわゆるIslamic Stateのメディア利用などについてお話を伺います。


続きを読む "駒大GMS学部2015年度実践メディアビジネス講座「宗教とメディアの新時代」第4回 講師:常岡浩介氏(ジャーナリスト)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/12

駒大GMS学部2015年度実践メディアビジネス講座「宗教とメディアの新時代」第3回「仏教のツタエカタ」講師:井上広法師(浄土宗光琳寺副住職)

駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部2015年度科目「実践メディアビジネス講座I」の後半はシリーズ講義「宗教とメディアの新時代」をお送りします。宗教界における新たなメディア利用の動きと、そのメディアやメディアビジネスへのインプリケーションについて、第一線の実務家の方々をお呼びしてご講義いただきます。2015年6月15日(月)13時からの第3回は浄土宗光琳寺副住職で、テレビ朝日系「ぶっちゃけ寺」でもご活躍の井上広法師をお迎えし、「仏教のツタエカタ」というテーマでご講義いただきます。

続きを読む "駒大GMS学部2015年度実践メディアビジネス講座「宗教とメディアの新時代」第3回「仏教のツタエカタ」講師:井上広法師(浄土宗光琳寺副住職)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/05

駒大GMS学部2015年度実践メディアビジネス講座「宗教とメディアの新時代」第2回 講師:島田裕巳氏(宗教学者)

駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部2015年度科目「実践メディアビジネス講座I」の後半はシリーズ講義「宗教とメディアの新時代」をお送りします。宗教界における新たなメディア利用の動きと、そのメディアやメディアビジネスへのインプリケーションについて、第一線の実務家の方々をお呼びしてご講義いただきます。2015年6月8日(月)13時からの第2回は、講師として宗教学者の島田裕巳氏をお迎えします。

続きを読む "駒大GMS学部2015年度実践メディアビジネス講座「宗教とメディアの新時代」第2回 講師:島田裕巳氏(宗教学者)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/27

駒大GMS学部2015年度実践メディアビジネス講座「宗教とメディアの新時代」第1回イントロダクション(担当:山口)

駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部2015年度科目「実践メディアビジネス講座I」の後半はシリーズ講義「宗教とメディアの新時代」をお送りします。宗教界における新たなメディア利用の動きと、そのメディアやメディアビジネスへのインプリケーションについて、第一線の実務家の方々をお呼びしてご講義いただきます。2015年6月1日(月)13時からの第1回は担当者山口によるイントロダクションをお送りします。

続きを読む "駒大GMS学部2015年度実践メディアビジネス講座「宗教とメディアの新時代」第1回イントロダクション(担当:山口)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/14

【申込5/11まで延長】インフォバーン×駒澤大学 恋と就活に効くマーケティング講座 開催のお知らせ

※一部要領を改定
 申込期限を5月11日(月)まで延長
 5月16日、23日のいずれか一方のみの参加も可能に
 2年生も参加可能に

駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部と㈱インフォバーンは、来る5月16日(土)、23日(土)の2回にわたり、「恋と就活に効くマーケティング講座」を開催します。対象は駒澤大学及び昭和女子大学の3年生以上の学生で、メディア業界への就職に興味のある方です。参加は無料です。

Flya4k

詳細は以下の通りです。

 

続きを読む "【申込5/11まで延長】インフォバーン×駒澤大学 恋と就活に効くマーケティング講座 開催のお知らせ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/08

2015年度ゼミ募集について

2015年度駒大GMS学部山口ゼミに応募される皆さんへ


説明会を次の通り行います。

演習II、III向け
日時:2015年4月8日(水)昼休み 12:15-12:45
場所:第一研究館1204

演習I向け
(演習Iは後期からですのでおまちがえなきよう)
日時:2015年4月15日(水)昼休み 12:15-12:45
場所:第一研究館1204

ゼミの概要、及び応募の条件、手続き等は以下の通りです。
(山口)

続きを読む "2015年度ゼミ募集について"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/27

こち駒はコミックマーケット87に参加します

駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部(略称「GMS学部」)山口ゼミはコミックマーケットに参加します(サークル名:こち駒)。30日(火曜日)東地区T-08aです。

今回の新刊は「ゲームがゲームを超えるとき」です。この他、既刊「テレビのミライ」、山口の既刊「戦国の六等星―備中兵乱と三村元親の実像」も販売するほか、ゼミ生制作のゲーム「仏のヒカリ」の配布も行います。

Pdf


続きを読む "こち駒はコミックマーケット87に参加します"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/11

ゲームが「ゲーム」を超えるとき:駒澤大学「実践メディアビジネス講座I」(2014年度)シリーズ講義第6回(講師:㈱Rejet 岩崎大介氏)

駒澤大学GMS学部2014年度前期科目「実践メディアビジネス講座I」後半は、「ゲームが『ゲーム』を超えるとき」と題したシリーズ講義を行っています。

デジタルゲームが市場に出回るようになってから約半世紀。ゲーミフィケーションやシリアスゲーム、あるいはeスポーツといった、ゲームを娯楽以外の目的で活用する動きなど、ゲームは、これまでの枠を超え、社会に影響を与える存在となりつつあります。こうした中でゲーム業界、あるいは周辺の業界ではどんなことを考え、何をしようとしているのか、関連業界の第一線の実務家の方々に伺います。

2014年7月14日午後1時からの第6回は、㈱Rejet代表取締役社長の岩崎大介氏をお迎えします。 今日、女性にもゲームは広く浸透していますが、乙女ゲームなど、ユーザーのほとんどが女性で占められるゲームについては、(少なくとも男の身としては)なかなか知る機会がないのが現状です。女性向けの人気ゲームを数多く手がけられている㈱Rejetの岩崎氏に、女性向けゲームとそのビジネスについてお話を伺います。

都合により、この回のニコ生配信は行いません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/06

ゲームが「ゲーム」を超えるとき:駒澤大学「実践メディアビジネス講座I」(2014年度)シリーズ講義第5回(講師:TOKYO GAME NIGHT!! 宮尾英水氏)

駒澤大学GMS学部2014年度前期科目「実践メディアビジネス講座I」後半は、「ゲームが『ゲーム』を超えるとき」と題したシリーズ講義を行っています。

デジタルゲームが市場に出回るようになってから約半世紀。ゲーミフィケーションやシリアスゲーム、あるいはeスポーツといった、ゲームを娯楽以外の目的で活用する動きなど、ゲームは、これまでの枠を超え、社会に影響を与える存在となりつつあります。こうした中でゲーム業界、あるいは周辺の業界ではどんなことを考え、何をしようとしているのか、関連業界の第一線の実務家の方々に伺います。

2014年7月7日午後1時からの第5回は、Tokyo Game Night!!の宮尾英水氏をお迎えします。 ビデオゲームをスポーツとして取り組むe-sportsは、海外では以前からさかんですが、日本でも近年盛り上がりを見せています。e-sportsの普及に取り組んでこられた宮尾氏に、その現状と今後の可能性について、いろいろなお話を伺います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/28

ゲームが「ゲーム」を超えるとき:駒澤大学「実践メディアビジネス講座I」(2014年度)シリーズ講義第4回(講師:㈱ベネッセコーポレーション 大森雅之氏)

駒澤大学GMS学部2014年度前期科目「実践メディアビジネス講座I」後半は、「ゲームが『ゲーム』を超えるとき」と題したシリーズ講義を行っています。

デジタルゲームが市場に出回るようになってから約半世紀。ゲーミフィケーションやシリアスゲーム、あるいはeスポーツといった、ゲームを娯楽以外の目的で活用する動きなど、ゲームは、これまでの枠を超え、社会に影響を与える存在となりつつあります。こうした中でゲーム業界、あるいは周辺の業界ではどんなことを考え、何をしようとしているのか、関連業界の第一線の実務家の方々に伺います。

2014年6月30日午後1時からの第4回は、㈱ベネッセコーポレーションの大森雅之氏をお迎えします。 教育の場におけるゲームの導入は、学校においてよりもそれ以外の場所で早くから取り入れられてきました。中でもベネッセは、教材としてゲームをさまざまなかたちで活用しており、教育ゲーム開発の豊富な経験を有しています。教育へのゲームの活用の現状と可能性について、大森氏にいろいろなお話を伺います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧